ここから本文です

県の将来ビジョン 新総合計画「人づくり」に重点/富山

2/15(木) 21:06配信

チューリップテレビ

 県の今後10年の将来ビジョンとその実現に向けた政策をまとめた新しい総合計画が石井知事に答申されました。
 新しい総合計画は、人口減少社会の本格化を見据え、「人づくり」を重要政策に掲げています。

 新しい県の総合計画は、1年以上かけて、各業界の代表者や有識者が協議してまとめたもので、審議会の永原功(ながはら・いさお)会長から石井知事に答申されました。
 総合計画は、2026年度までの10年間の県政運営の指針となるもので、北陸新幹線開業後の新たな県の将来ビジョンとその実現に向けた100の政策が盛り込まれています。
 重要政策に「人づくり」を位置づけ、▼県や日本を担う子どもの育成、▼女性の活躍とチャレンジの支援などに取り組んでいくとしています。
 石井知事は、「先を見据えたいい内容」と評価し、実現に向けて県だけでなく国の政策も動かしていくと意欲を示しました。
 県では、今後、総合計画の骨子をまとめたリーフレットを全戸配布するなどして、内容を県民に伝えていきたいとしています。

チューリップテレビ