ここから本文です

ベンチプレス選手権で優勝の選手が新座市を訪問/埼玉県

2/15(木) 22:13配信

テレ玉

先月、和歌山県で開催された「全日本ベンチプレス選手権大会」で優勝した選手が新座市役所を訪れ、市長に大会結果を報告しました。

市役所を訪れたのは59キロ級M1で優勝した新座市在住の山根修平選手(39)です。30歳を過ぎてからパワーリフティングを始めたという山根選手、会社で働く傍ら、自宅にあるマシンやジムで鍛錬を続けています。

「ベンチプレス」とは、パワーリフティングの一種で、ベンチ台の上に横になりバーベルを胸につけてから持ち上げ、静止させる競技です。これまで、山根選手はパワーリフティングの種目の中でもベンチプレスを苦手としていたため、3年前から練習を強化し、今回、日本選手権で悲願の優勝を果たしました。

新座市の並木傑市長は、「けがをしないように頑張ってください。世界でもメダルを獲得し、新座に帰ってきてほしい」と激励しました。

テレ玉

最終更新:2/15(木) 22:13
テレ玉