ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

収益の一部を還元 県電気事業で子育て支援/富山

2/15(木) 21:11配信

チューリップテレビ

 石井知事は、県企業局の電気事業の収益を子育て支援に活用すると発表しました。
 子ども3人以上の世帯を対象に電気料金の一部を還元する全国初のユニークな子育て支援です。

 石井知事は、新年度、「とやまっ子すくすく電気」として、県企業局の水力発電事業の収益の一部を、子育て支援に活用すると発表しました。
 対象となるのは、県内の子ども3人以上のおよそ1万世帯で、▼子ども3人以上の場合、標準世帯の電気料金のおよそ5%にあたる、月700円、年間では8400円、▼子ども4人以上ではおよそ10%にあたる月1800円、年間で2万1600円が還元されます。
 県では、今年6月から、北陸電力で申請を受け付け、8月分から還元したいとしています。
 また、石井知事は、今回の支援について今年4月から実施となる北陸電力の電気料金値上げとは直接関係ないと話しました。

チューリップテレビ