ここから本文です

神奈川高校野球ベストナイン平成編 「遊撃は平馬」木本芳雄さん

2/15(木) 7:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 これが平成のドリームチームだ-。神奈川新聞社などが募集中の「みんなで選ぶ神奈川高校野球ベストナイン」。いよいよ平成編です。

 神奈川高校野球チームをつくろう

 1月の昭和編に続き、神奈川の高校野球を熟知する方々にマイベストナインを選んでいただきました。今回は桐蔭学園を甲子園初制覇に導いた木本芳雄さんです。

     ◇

 投手の2人は当然として、捕手の高木(桐蔭)は腰が少し悪い中でも長打力があって素晴らしかった。二塁の田中広は走攻守全てで攻撃的な、いかにも東海大相模らしい選手。一塁は候補があまりいないが、副島(桐蔭)はかなり良かった。

 遊撃はプロに行った選手も多い中で、平馬(横浜)を推したい。リズム、瞬発力、脚力。全てが良かった。尾形(日大藤沢)も良いが、総合力では平馬かな。

 外野の高橋(桐蔭)はずぬけている。流し打ちで左中間にもホームランが打てるし、肩も足もあるし、ピッチャーもできる。まさにスーパー。

 鈴木(横浜)もものが違った。最近の選手ではセンターの浅間(横浜)が良い。3拍子そろっているし、あの松井(桐光)からホームランを放った勝負強さ。

◆きもと・よしお 武相-駒大。1968年に創部3年目の桐蔭学園の監督に就任。71年夏の甲子園で初出場初優勝を果たした。藤嶺藤沢、武相でも指揮を執り、2003年に勇退。06年に育成功労賞を受賞した。横浜市神奈川区在住。72歳。