ここから本文です

日立労組が春闘要求書提出

2/15(木) 21:36配信

ホウドウキョク

電機大手が要求書を提出。
日立製作所の坂本労組中央執行委員長は「ここに要求書を提出します」と述べた。
日立製作所の中畑執行役常務は「今後の交渉を通じて、鋭意かつ慎重に検討してまいります」と述べた。
日立製作所の労働組合が、東京都内の本社で、経営側に春闘の要求書を提出した。
組合側が基本給を底上げするベースアップと、賃金体系の維持「月額3,000円」などを求めたのに対し、経営側は、賃金・賞与などに加え、勤務制度や職場環境、能力開発など、総合的に多様な人材などの活躍を支援する「トータルリワード」の考え方で、労使交渉に臨む方針を示した。
15日は、電機大手各社の労組が統一要求を提出したほか、14日には、トヨタ自動車の労組が月額3,000円を超えるベアを求めるなど、自動車大手の交渉も始まっていて、3月14日の集中回答日に向け、労使の攻防が本格化する。

・テレビ局の取材で「日立労組が春闘要求書提出」を見る

最終更新:2/15(木) 21:36
ホウドウキョク