ここから本文です

「党が求めるなら」南ア大統領、即時辞任を表明

2/15(木) 8:25配信

読売新聞

 【ヨハネスブルク=木村達矢】南アフリカのズマ大統領(75)は14日夜、「党が私の辞職を求めるなら受け入れる」と話し、即時辞任を表明した。

 ズマ氏が所属する与党アフリカ民族会議(ANC)は、ズマ氏が同日中に辞任を表明しなければ、15日に議会で不信任案に賛成する方針を決めていた。ズマ氏には数々の汚職疑惑が浮上しており辞任圧力に抗しきれなくなった形だ。

 後任には、昨年12月にANC議長(党首)に選出されたラマポーザ副大統領(65)が就任する見込み。

 ズマ氏は2009年の就任以来、複数の汚職疑惑が取りざたされていた。景気低迷も続き、与党内からも退陣を求める声が強まっていた。

最終更新:2/18(日) 18:13
読売新聞