ここから本文です

オリ1、2軍“ガチンコ”紅白戦は1軍に軍配 1点差惜敗の2軍は総入れ替え逃す

2/15(木) 14:22配信

Full-Count

白組が1点差勝利勝利、紅戦は育成ルーキー稲富が強肩披露

 オリックスはキャンプ第4クール初日となる15日、「福良オリックス」VS「田口オリックス」の1、2軍“ガチンコ”紅白戦を行い、3-2で白組(1軍)が勝利した。

【一覧】敗れれば1、2軍を入れ替えも…オリックス“ガチンコ紅白戦”のスタメン&登板予定

 白組の先発は実戦初登板のアルバース。初回の先頭・坂本を空振り三振に打ち取ると、続く西野、西村を二ゴロに抑えた。予定された1イニングを無安打無失点と結果を残した。

 白組は初回から猛攻を見せた。2死三塁から4番・杉本が左翼スタンドへ先制の2点本塁打を放った。杉本は前回(11日)の紅白戦に続き2戦連発。さらに2死一、二塁から7番・伊藤が中前適時打を放ち、1軍が初回に貫録の3点を奪った。

 1軍への切符がかかる紅組(2軍)も反撃に出る。3点を追う4回。1死一、三塁から宗の三ゴロで1点を返すと、続く4回には“糸井2世”の異名を持つ高卒2年目の根本が右翼席へ豪快な一発を放ち1点に詰め寄った。

 紅組の見せ場は7回。6回から捕手で出場していた高卒育成ルーキー・稲富が、1死一塁から二盗を試みたチーム1、2を争う俊足の小田を刺すと、さらに2死一塁から代走の小田(特別ルール)が試みた二盗を再び刺す強肩を見せつけ、球場を沸かせた。

 両チーム無得点が続き試合は9回に突入。紅組は先頭の代打・小島が中前打で出塁。さらに小島の代走・西村が二盗に成功し無死二塁と同点のチャンスを作る。だが稲富、フェリペ、張が連続三振に倒れ、無得点に終わった。

Full-Count編集部

最終更新:2/15(木) 14:24
Full-Count