ここから本文です

ハースF1『VF-18』:多数の弱点を取り除き、軽量化に成功。「今年はトップチームに近づく」と首脳陣

2/15(木) 8:15配信

オートスポーツweb

 2018年、F1での3年目を迎えるハースは、『VF-18』は昨年型を進化させたものであり、弱点の解決にあたるとともに、軽量化に注力したと明かした。

F1新車ギャラリー:ハース『VF-18』

 14日、ハースは他チームに先駆けて2018年型ニューマシンの画像を披露した。

 ハースF1チームのチェアマンであるジーン・ハースは「弱点と判明したたくさんの要素を取り除いた」とVF-18について語った。

「一貫性のあるマシンにし、トップチームとのギャップを縮めるために必要なことに集中した」

 2018年F1レギュレーションに従い、VF-18にはコクピット保護デバイス“ハロ”が装着され、シャークフィンの面積が削られた。

「マシンを進化させる上で最も大きかったのはハロの搭載だった」とチーム代表ギュンター・シュタイナー。

「エアロダイナミシストが懸命に研究を重ねた。一方、デザイナーはハロが必要な荷重に耐えられるよう、シャシーをモディファイする必要があった。ハロの導入によってマシンの最低重量は引き上げられ、ハロのポジションにより重心が高くなる。しかしそれはどのチームも同じだ」

「2017年から2018年にかけてレギュレーションはほぼ変わらないため、VF-18は昨年型を進化させたものである。革新的なものを加えるというよりも改良する部分が大きかった。昨年使用したエレメントを今年のマシンは引き継いでいる」

「2017年型マシンは非常に優れていたが、その力を常に最大限まで引き出せたわけではなかった。その部分を2018年に変えることを目指した。バラストをもっと利用できるようマシンを軽量化したのだ。重量配分を理想的なものにするといった面で、昨年よりいい仕事ができた」

 カラーリングは、グレー、ブラック、レッドの構成を引き継ぎながら、2017年型の濃いグレーベースから薄いグレーを基調としたものに変更された。

「カラーリングは最初のマシン(2016年型)VF-16に近いものになっている」とシュタイナー。

「クリーンできっちりした印象を与える。ハース・オートメーションが製造するマシンツールと同じイメージだ」

 VF-18はプレシーズンテストがスタートする26日、スペイン・バルセロナで走行を開始する。

[オートスポーツweb ]