ここから本文です

スバル、ジュネーブショーで『VIZIVツアラー・コンセプト』を世界初公開へ

2/15(木) 11:44配信

オートスポーツweb

 スバルは3月8~18日にスイスのジュネーブで開催される第88回ジュネーブ国際モーターショーで、ツアラータイプのコンセプトモデル『スバル・VIZIVツアラー・コンセプト(VIZIV TOURER CONCEPT)』をワールドプレミアすると発表した。

【写真】スバルVIZIVツアラー・コンセプト

 スバルは過去のジュネーブショーや東京モーターショー2017、東京オートサロン2018などのオートショーにおいて、「革新のための未来像」を意味する造語『VIZIV(ヴィジヴ)』を冠するコンセプトカーならびに同モデルのハイパフォーマンスバージョンを展示し、次世代のスバル車の方向性を示してきた。

 今回、世界初公開されるVIZIVツアラー・コンセプトもそうしたモデルのなかの一台と思われるが、詳細については明らかにされていない。

 スバルのステーションワゴンは現在、『レガシィ アウトバック』と『レヴォーグ』がラインアップ展開されているが、新型コンセプトカーがいずれかの車種の後継モデルのベースとなるのか否か、その詳細は3月6日(火)11時15分(日本時間19時15分)から行われるスバルのプレスカンファレンスの中で明らかとなるはずだ。

 3月6日にプレスデー初日を迎える2018年のジュネーブショーでは、トヨタが「アイコン的スポーツカーの復活を示唆する現代版レーシングコンセプト」を世界初公開することをアナウンスしているほか、2018/19年のWEC世界耐久選手権に投入されるオレカの新型LMP1マシン、フォーミュラEの第2世代シャシーの実車なども初披露される。

[オートスポーツweb ]