ここから本文です

後輩に銃口 大阪府警巡査長を停職

2/15(木) 0:35配信

関西テレビ

関西テレビ

大阪府警は、実弾の入った拳銃を後輩の警察官に向けた26歳の巡査長を、停職6ヵ月の懲戒処分としました。

大阪府警監察室によると、此花警察署地域課に所属する26歳の男性巡査長は去年12月、警察署のエレベーターの中で20代の後輩警察官2人の首筋に拳銃の銃口を向けました。

調べに対して巡査長は「コミュニケーションを図るため、悪ふざけだった」と話し、警察署や交番でこれまでに10数回後輩の警察官に同じような行為をしていたということです。

拳銃には安全装置がついていたものの、実弾が入っていました。

巡査長は停職6ヵ月の懲戒処分を受け、銃刀法違反の疑いで書類送検されました。

巡査長は依願退職しています。

関西テレビ

最終更新:2/15(木) 0:35
関西テレビ