ここから本文です

アスベストで健康被害 住友ゴム工業に賠償命じる

2/15(木) 0:35配信

関西テレビ

関西テレビ

住友ゴム工業の工場で働いていた作業員7人が、アスベストを吸って健康被害を受けたとして損害賠償を求めた裁判で、神戸地方裁判所は会社側に約5900万円の支払いを命じました。

訴えていたのは、住友ゴム工業の旧神戸工場などで30年以上にわたってタイヤの製造などを行っていた作業員7人です。

7人は作業中に、「タルク」という粉に含まれるアスベストの粉塵を吸い、中皮腫などを患ったのは会社が安全対策を怠ったためとして、合わせて約1億3千万円の損害賠償を求めていました。

判決で神戸地裁は「会社は危険性を予見できたのにマスクを着用させるなどの安全配慮義務を怠った」などとして、原告のうち5人について作業と病気との因果関係を認め、約5900万円を支払うよう命じました。

住友ゴム工業は、「判決文を精査して今後の対応を考える」としています。

関西テレビ

最終更新:2/15(木) 0:35
関西テレビ