ここから本文です

小口選手の母に応援旗 平昌五輪スケルトン、輪島で激励会

2/15(木) 1:48配信

北國新聞社

 平昌冬季五輪で16、17日に行われるスケルトン女子に出場する輪島市出身、小口(おぐち)貴子選手(33)の激励会が14日、同市役所で行われた。坂口茂副市長、椿原正洋市議会議長が小口選手の母、大向陽子さん(61)=同市河井町=に、メッセージを寄せ書きした応援旗と激励金を渡した。

 現地で観戦する大向さんは「娘が五輪に出場できるのは、ずっと支えてくれた市民の皆さんのおかげ」と感謝した。大向さんは旗を競技会場で掲げる予定だ。

 旗には、市内スポーツ少年団の児童らが「輪島の星」「気力で挑もう」などと寄せ書きし、梶文秋市長、椿原議長、小口選手後援会長を務める里谷光弘輪島商工会議所会頭もメッセージをしたためた。

 市役所2階に設けられている小口選手応援の展示コーナーでは、新たに競技用のそりやウエアが並んだ。いずれも小口選手から借りた。

北國新聞社

最終更新:2/15(木) 1:48
北國新聞社