ここから本文です

CKサンエツ、東証1部上場へ

2/15(木) 1:43配信

北國新聞社

 黄銅棒などの製造・販売を手掛けるCKサンエツ(高岡市)は14日、東京証券取引所に対し、東証2部から1部への市場変更を申請したと発表した。市場変更に必要な株主数や流通株式比率を充足させるため、3月1~6日に自社株を売却する立会外分売を実施する。

 審査が順調に進めば、東証2部に上場してから丸1年となる3月中にも1部への変更が承認されるとみられる。

 立会外分売は、時間外取引で株主からの大量の売り注文を小口に分けて不特定多数に売り出す手法。今回の分売予定株式数は5万株で、買い付け申し込み数量の限度は1人当たり500株(売買単位100株)。

 同社は配管機器のシーケー金属(高岡市)と黄銅棒のサンエツ金属(砺波市)などを中核子会社とし、従業員数はグループ全体で約1千人。

北國新聞社

最終更新:2/15(木) 1:43
北國新聞社