ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

官民連携のまちづくりを考える 北國銀など、金沢で会合

2/15(木) 1:43配信

北國新聞社

 北國銀行、北陸財務局、日本政策投資銀行などの「いしかわPPP/PFI地域プラットフォーム」は14日、金沢市の同行本店で開かれ、建設業や自治体の約100人が官民連携によるまちづくりについて意見を交換した。

 ワークショップでは小松市のJR粟津駅西側の未利用地を題材に、工場や大学など周辺環境の情報を共有し、どんな開発が望ましく、民間、行政がどんな役割を果たせるかを考えた。駅前開発で官民連携の手法を取り入れ、行政視察が相次ぐ岩手県紫波町の鎌田千市公民連携室長が講演した。

北國新聞社

最終更新:2/15(木) 1:43
北國新聞社