ここから本文です

J1、J2、J3の選手53名が明治安田生命を表敬、佐藤寿人「もっと楽しんでいただけるよう戦う」

2/15(木) 17:36配信

SOCCER KING

 Jリーグのタイトルパートナーを務める明治安田生命は15日、J1からJ3までの53クラブの代表選手を招き、選手激励イベントを実施した。

 同社は2014年にJリーグトップパートナーとなると、翌2015年にタイトルパートナー契約を締結した。また、平行して各支社単位でJリーグ加盟クラブをはじめとした、各地域クラブとのスポンサー契約も個別に行っている。

 シーズン開幕に向け、明治安田生命の根岸秋男社長は、「2018シーズンはJリーグにとっても大切な節目の年になります。5月に25周年を迎え、6月にはW杯が控えています。日本サッカー界にとって、2018年は非常に大事な飛躍の年にならなければいけないと思っています」と今年への思いを話し、「選手の皆さんにはどうか、フェアプレーで闘志あふれるプレーをたくさん展開していただいて、Jリーグの魅力を一段と引き上げていただきたいと思っています」と集まった選手たちへ激励のメッセージ。また、「我々も今まで以上に、ギアをチェンジしてさらに力強く、精一杯応援させていただきます」と、さらなるバックアップ体制を築くことを選手や同社社員の前で宣言した。

 選手たちには、「女子が女子のために、女子の工夫でどうやってJリーグクラブを応援するかを一生懸命考えて、応援に力を加えてくれています。当社4万強の職員のうち女性は9割おります。女性がJリーグを応援することで、女性のファンもたくさん増えたらいいなという思いで活動しております」(根岸社長談)という、明治安田生命社内で活動している「Jリーグ女子倶楽部」からも記念品も贈呈された。

 選手側からは代表して名古屋グランパスFW佐藤寿人が挨拶。日ごろからの感謝を述べると、「今シーズン、もっと多くの方にJリーグを楽しんでいただけるよう、選手全員戦っていきたいと思います。これからも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願いします」と、力強く話している。

<出席選手>
■明治安田生命J1リーグ
荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌)
野津田岳人(ベガルタ仙台)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)
中村航輔(柏レイソル)
太田宏介(FC東京)
小林悠(川崎フロンターレ)
天野純(横浜F・マリノス)
高山薫(湘南ベルマーレ)
松原后(清水エスパルス)
櫻内渚(ジュビロ磐田)
佐藤寿人(名古屋グランパス)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
小川慶治朗(ヴィッセル神戸)
柏好文(サンフレッチェ広島)
田川亨介(サガン鳥栖)
髙杉亮太(V・ファーレン長崎)
※セレッソ大阪は前日にアウェーでのACLがあった関係で不参加

■明治安田生命J2リーグ
松岡亮輔(モンテディオ山形)
佐藤祥(水戸ホーリーホック)
廣瀬浩二(栃木SC)
大前元紀(大宮アルディージャ)
近藤直也(ジェフユナイテッド千葉)
井上潮音(東京ヴェルディ)
井上裕大(FC町田ゼルビア)
イバ(横浜FC)
堀米勇輝(ヴァンフォーレ甲府)
前田大然(松本山雅FC)
加藤大(アルビレックス新潟)
清原翔平(ツエーゲン金沢)
小野悠斗(FC岐阜)
染谷悠太(京都サンガF.C.)
大竹洋平(ファジアーノ岡山)
坪井慶介(レノファ山口FC)
佐々木匠(カマタマーレ讃岐)
大屋翼(徳島ヴォルティス)
丹羽詩温(愛媛FC)
駒野友一(アビスパ福岡)
巻誠一郎(ロアッソ熊本)
後藤優介(大分トリニータ)

■明治安田生命J3リーグ
今関耕平(グルージャ盛岡)
前山恭平(ブラウブリッツ秋田)
石堂和人(福島ユナイテッドFC)
大久保哲哉(ザスパクサツ群馬)
中西規真(Y.S.C.C.横浜)
川口能活(SC相模原)
阿部伸行(AC長野パルセイロ)
佐々木陽次(カターレ富山)
浅田大樹(藤枝MYFC)
大西勝俉(アスルクラロ沼津)
加藤潤也(ガイナーレ鳥取)
小谷健悟(ギラヴァンツ北九州)
赤尾公(鹿児島ユナイテッドFC)
朴一圭(FC琉球)

SOCCER KING

最終更新:2/15(木) 17:36
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報