ここから本文です

暴力団追放に向け 兵庫県がふるさと納税を活用

2/15(木) 19:25配信

関西テレビ

関西テレビ

暴力団追放に向けて「ふるさと納税」を活用しようというニュースです。分裂した暴力団の拠点を抱える兵庫県が、新たな取り組みを始めます。

神戸市灘区に本部がある全国最大の指定暴力団・山口組は現在、神戸山口組と任侠山口組と3つに分裂し、衝突が相次いでいます。

兵庫県内には暴力団事務所や関連施設が多数あり、周辺の住民が組員らの立ち入り禁止などを求める活動を行っていますが、報復が懸念されるため、暴力団追放兵庫県民センターが住民に代わり訴訟を起こしています。

淡路市の神戸山口組の本部事務所については去年、使用禁止の仮処分決定が出されました。

しかし、訴訟にかかる弁護士費用などの負担が課題になっていて、兵庫県は今年4月から「ふるさと納税制度」を活用する方針を決めました。

暴力団事務所の撤去に向けた訴訟にかかる費用として500万円を目標に全国から寄付を募るということです。

【兵庫県警暴力団対策課 岡健嗣警部】
「住民の方が負うことになる事務所使用差し止め請求にかかる経済的負担が解消されることによって、暴力団事務所撤去活動がより一層活発化することを期待している」

暴力団事務所の撤去を目的にふるさと納税が活用されるのは全国で初めてです。

関西テレビ

最終更新:2/15(木) 19:25
関西テレビ