ここから本文です

変化するIT部門の在り方--今後の舵取りを考える

2/15(木) 7:30配信

ZDNet Japan

 システムのクラウド化が進み、さまざまな業種が「デジタル化」するという流れの中で、IT部門の役割が大きく変化しようとしている。

 サーバの管理や業務部門との連携といった仕事というイメージが強いが、システム開発がウォーターフォール型からアジャイル型に移っている点、それに伴いプロトタイピングが重視され、RFP(提案依頼書)を書かないで構築するような方法が模索されており、前提となるITそのものの在り方が変化してきている。

 企業の中で、ITで果たす役割はますます増えてきており、最高情報責任者(CIO)だけでなく、最高マーケティング責任者(CMO)や最高デジタル責任者(CDO)、最高セキュリティ責任者(CSO)などさまざまな役職に焦点が当たっている。

 IT部門は今後、どのような方向にかじを切っていくべきなのか。参考となる記事を集めた。

最終更新:2/15(木) 7:30
ZDNet Japan