ここから本文です

知られざる「氷川丸」の姉妹船、「平安丸」とは 海の上と底、2隻を分けた数奇な航跡

2/18(日) 7:11配信

乗りものニュース

「氷川丸」は3姉妹の長女

 1944(昭和19)年2月18日、当時トラック諸島と呼ばれていた西太平洋チューク諸島近海にて、大日本帝国海軍の特設潜水母艦「平安丸」は米軍の攻撃を受け、海の底へと沈んでいきました。竣工から14年足らずのことでした。

【写真】「氷川丸」と「平安丸」、共通する計器類

 日本郵船歴史博物館(横浜市中区)にて、2018年1月20日より催されている企画展「グランブルーの静寂~もうひとつの氷川丸~」(同年4月22日まで)は、その「平安丸」のいまの姿を伝えるものです。同船は「もうひとつの氷川丸」とうたわれているように、2018年2月現在、山下公園(横浜市中区)に係留されている国の重要文化財「氷川丸」と同型の姉妹船です。しかし、その知名度は「氷川丸」に比べ、はるかに低いものでしょう。

「平安丸」は氷川丸級3番船にあたり、ほか同型に2番船「日枝丸」がありました。3隻とも日本と北米シアトルを結ぶシアトル航路用の1万2000t級貨客船として日本郵船が建造、「平安丸」の船価は当時の金額で665万円(現在の価格で120億円以上)でした。「氷川丸」が1930(昭和5)年4月、「日枝丸」が同年7月、「平安丸」が同年11月に竣工し、それぞれ氷川神社、日枝神社、平安神宮と、頭文字にHのつく神社にちなんで命名されています。3隻とも共通の図面で建造されており、「戦後『氷川丸』に乗船したとあるお客様が、『平安丸』と全く同じだと感想をもらしたそうです」(日本郵船歴史博物館 企画展担当)といいます。

 ところが「平安丸」や「氷川丸」、そして「日枝丸」の、戦前における貨客船時代は1941(昭和16)年8月に幕を閉じます。当時、急速に悪化していた日米関係を受け、シアトルに寄港していた「平安丸」はすべての貨物を陸揚げすると、空荷のまま横浜へ戻ることに。これが戦前におけるシアトル航路の最終航海となりました。

 かくして「平安丸」の、日本郵船の貨客船としての約11年間は終わりを告げましたが、それからおよそ2年半ののち、なぜ帝国海軍の船としてチュークの海へ沈んでいくことになるのでしょうか。

1/4ページ