ここから本文です

イスラエル首相、イランを痛烈非難 「無人機の残骸」掲げ

2/19(月) 9:04配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【2月19日 AFP】イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)首相は18日、ドイツのミュンヘン安全保障会議(Munich Security Conference)で行った演説でイランを名指しし、イランとシリア内に居る「代理人ら」による攻撃を痛烈に非難した。

 ネタニヤフ首相は壇上で長方形の金属片を振りかざし、「ここにイランの無人機の一片、と言うよりはその残骸がある。わが国が撃ち落した」と見せた。

 その上で同首相はイランに対し、「われわれの首にテロの絞縄をかける」のは許さないと述べ、「イスラエルの決意を試さないように」とけん制した。

 イスラエルは今月、シリアから飛来した無人機を撃墜。イスラエル側はこれをイランの無人機と断定し、これが引き金となってシリア政府軍を巻き込んだ衝突に発展した。これを受けて、もともと敵対し合っているイスラエルとイラン間の緊張はさらに高まっている。

 ネタニヤフ氏は、同会議で後に演説したイランのモハンマドジャバド・ザリフ(Mohammad Javad Zarif)外相の名を挙げ、「ザリフ氏がシリアへの関与を臆面もなく否定するのは間違いない」と言い切り、「ザリフ氏、これが分かりますか。分かって当然だ、あなた方のものなのだから」と述べた。さらに、ザリフ氏は「雄弁にうそをつく」と言い足した。

 これに対しザリフ外相は、ネタニヤフ氏の演説を「漫画のような道化芝居」と評し、「真摯(しんし)な回答に値しない」と取り合わなかった。(c)AFPBB News

最終更新:2/19(月) 9:04
AFPBB News