ここから本文です

日本で成功の雰囲気漂うメジャー51勝右腕 中日新助っ人ジーに期待するワケ

2/19(月) 19:20配信

Full-Count

中日浮上の鍵握る新助っ人ジー

 この男は、きっとホンモノだろう。今季、ドラゴンズ投手陣の中心となり、浮上の鍵を握る存在になる。そう、見るたびに思わせるのは、今季からチームに加わった新助っ人ディロン・ジー投手である。

【表】各球団の新戦力をチェック! 2018年シーズン 各球団の新外国人一覧

 2007年のドラフト21巡目でメッツに入団した右腕。2010年にメジャデビューを果たすと、2011年には13勝をマークし、初の2桁勝利を挙げた。2013年に2度目の2桁勝利となる12勝をマークし、2014年には開幕投手も務めた。2016年に移籍したロイヤルズでは8勝をマーク。2017年はレンジャーズ、ツインズでプレーしてFAとなり、今季から中日ドラゴンズの一員となった。

 メジャーで2度の2桁勝利をマークし、開幕投手も務めた実績の持ち主。日本に来る助っ人外国人とすれば“大物”の部類に入るだろう。だが、“大物”とはいえ、必ずしも活躍するとは限らないのが日本のプロ野球。近年で言えば、楽天のケビン・ユーキリスや、オリックスのユリエスキ・ベタンコート、ソフトバンクのブラッド・ペニー、阪神のマイク・グリーンウェルなどなど、アメリカでの実績が見込まれ大きな期待を背負いながら、全くもって活躍しなかった外国人は数多くいる。

 それでも、ジーに期待するのにはワケがある。まず、とにかく、その制球力が素晴らしい。ブルペンでの投球練習だけを見ても、ボールは低めによくコントロールされている。さらに、2月15日に行った初のバッティングピッチャーでの登板。石岡諒太内野手、阿部寿樹内野手の2人に対して55球を投げたのだが、球種を打者に伝える形で行われながら、ヒット性の当たりはほぼなかった。

 それだけではなく、この時投じた55球のうち13球がボール球だったのだが、このほとんどはゾーンからわずかに外れたような際どいボールばかり。右腕自身がボールをゾーンから出し入れし、打者の反応や、日本の審判のゾーンを細かく確認しているようにも見え、ジー自身は「自分的にはコントロールが出来ていなくてフラストレーションが溜まっていた、日本のストライクゾーンは少し広いというか、コーナーでキャッチャーがパンッと取ってくれると、少しボール気味であってもストライクとコールしてくれるかな」と語っていた。

1/2ページ

最終更新:2/19(月) 20:25
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/21(土) 9:25