ここから本文です

裸眼で360°映像!?ヘッドセットのいらない球面VRシアター「Space 360」

2/20(火) 6:00配信

bouncy

どこにある?

「Space 360」は、韓国のソウルから約3時間ほどの場所にある国立光州科学館の隣に設置された建物。

一般来場者向けに開放されており、入場料は300ウォン(約300円)と、訪れやすいリーズナブルな価格となっている。

もっと詳しく

韓国初の球面シアター「Space 360」は、内部に12台のプロジェクターを備え、VR動画を360°に広がる球面ディスプレイに映し出すことができる。開発元のFront Picturesが独自に開発したメディアサーバー「Screenberry」を介することで、自動キャリブレーションが行われ、球面に違和感なくVR動画を再生できるという。

体験できる映像は宇宙のビッグバンの映像や、気球で空を飛ぶ映像などが、高い没入感で体験できるようになっている。一瞬にして様々な場所にテレポートしたような気分になれる360°シアター。いつの日かVRやARの映像が、ヘッドセットなしで体験できる時代が訪れようとしているのかもしれない。

Front Pictures

Viibar.Inc

最終更新:2/20(火) 6:00
bouncy