ここから本文です

ベジェリン「バルサにはメッシがいるし、きっと何かやってくれる」

2/20(火) 18:12配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 火曜日、スタンフォード・ブリッジで行われるチャンピオンズリーグのチェルシー対FCバルセロナ。この試合を前に、アーセナルのエクトル・ベジェリンが『RAC1』のインタビューを受けた。

 カンテラーノはブルーズについて、次のように語っている。「チェルシーのディフェンスは固く、オフェンスは多くの危険を生み出す。難しい試合になるほど、崩れることを嫌ってディフェンスに集中するのが特徴だね。しかし、バルサにはメッシがいる。両チームとも高いクオリティを備えているけど、僕はバルサが勝つと思う」

 続けてベジェリンはいくつかの質問にコメントした。「バルサにとって、イングランドで行われる第1戦は簡単な試合では無いだろう。今年に入って、アザールもベストのフォームを取り戻している。ウィリアンとのコンビネーションには注意が必要だ。バルベルデのバルサ?戦術的に優れているチームだよ。コウチーニョ?優秀な選手ならすぐに適応できると思う。彼の場合は、スアレスのような元チームメイトもいるからね」

 ベジェリンはチェルシー戦の思い出についても語っている。「チェルシー戦といえばイニエスタのゴールを思い出すよ。あの試合は家で見てたんだけど、イニエスタッソの瞬間、自宅下にあるバーに走りこんだ。本当にクレイジーな試合だったね」

 最後に、もしまだバルサに残っていたら?と質問されたベジェリンは、次のように答えてインタビューを終えた。「僕がアーセナルに来たのは16歳のときだった。同じような決断を下した選手は他にも多くいるよ。自分自身の決断については正しいものだったと思っている。今、とても幸せだからね」

Mundo Deportivo