ここから本文です

【映像】英の介助馬第1号 犬に代わって日常生活補助

2/20(火) 14:50配信

アフロ

 米国では2000年代に入り、犬の代わりに馬を介助に活用する試みが実施されたが、英国でも介助馬第1号が2月18日、イングランドのノース・ヨークシャー州にお目見えした。
 肩までの高さが1メートル以下のアメリカン・ミニチュア・ホース種で、ただいま訓練中。2年間の訓練を経て、身体の不自由な人の介助をすることになる。
 ミニチュア・ホースの平均寿命は30年から40年と長いことから、介助犬より長い間日常生活の補助が可能という。

(イギリス、ノーザラートン、2月20日、映像:SWNS/AFLO)

最終更新:2/20(火) 14:50
アフロ

Yahoo!ニュース特設ページ