ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

投打に強力布陣も、ポイントは「適材適所」…2018年、巨人外国人チェック

2/20(火) 15:10配信

Full-Count

マイコラスがMLB復帰も、ゲレーロ&ヤングマン加入で育成枠入れて計8人

 巨人は育成枠も含め8人の外国人選手を擁している。実績のある選手も多いが、起用法がポイントになるだろう。

【表】各球団の新戦力をチェック! 2018年シーズン 各球団の新外国人一覧

 今季の巨人外国人選手。成績はNPB通算。

◯投手
マシソン 33歳 NPB6年 25勝24敗45S152H、防御率2.30
ヤングマン 28歳(新加入)
カミネロ 30歳 NPB1年 3勝5敗29S4H、防御率2.42
アダメス 23歳(育成枠 1軍出場なし)
メルセデス 23歳(育成枠 1軍出場なし)

 昨年、菅野智之とWエースの活躍をしたマイコラスがMLBに復帰した。マシソンにもMLBからオファーがあったとされるが、巨人に残留。2月27日に34歳になる。地元メディアの取材に「これが自分のプロ生活の最後の2年になるはずだ」と表明。6年間で45セーブ、152ホールド。現在のNPBで最も信頼感のある救援投手の一人だ。

 ヤングマンは198センチ95キロの大型右腕。大学から2011年ドラフト1巡目(全体12位)でブルワーズに入団したエリート。マイナーでは主として先発で投げて2015年、MLBに昇格。ローテーションの一角を担い9勝8敗、防御率3.77とまずまずの成績を挙げたが、2年目以降勝ち星なし。制球が乱れ、マイナーでも四球を多く出し、2017年オフにリリースされた。まだ20代であり、NPBの野球に適応できる可能性はあるのではないか。

 カミネロは、クローザーとしてまずまずの成績を挙げた。昨年の巨人は澤村拓一が全休し、救援投手の絶対数が足りなかったが、その中でマシソンとともに中心となって頑張った。特に9月以降、11試合で1勝6セーブ、防御率0.69と抜群だった。今季も期待できるだろう。

 アダメス、メルセデスはともにドミニカ共和国出身。アダメスは今季3年目、メルセデスは2年目となる。

 このほかに台湾出身ながらドラフト7位で巨人に入団した右腕投手、廖任磊(24歳 1軍出場なし)がいる。

1/2ページ

最終更新:2/20(火) 17:05
Full-Count