ここから本文です

松井知事 G20開催決定に「大阪のポテンシャル評価された」

2/21(水) 15:46配信

THE PAGE

松井知事 G20開催決定に「大阪のポテンシャル評価された」(THEPAGE編集部)

 大阪府の松井一郎知事は21日午後、大阪府庁で定例記者会見を行った。会見では政府が2019年に日本で初めて開催する20か国・地域(G20)首脳会合を大阪で開催することを決めたことについての質問が多く、松井知事は「決定したことによって世界中に大阪の都市としての高いポテンシャルをアピールしていけると思っています」と答えた。

大阪府・松井知事が定例会見2月21日(全文1)大阪愛のあるIR事業者、求める

安倍首相から「大阪に決めたから、よろしく頼む」

 松井知事は会見で、20日夜に、安倍晋三首相、菅義偉官房長官から携帯電話に連絡が入り「大阪に決めたから、よろしく頼む」と言われ「わかりました」と答えたことを明かした。

 今後の準備については、大阪府と大阪市の共同で協議会を設置し、事務方の態勢を整えていくことを明かした。規模については現在調整中で、今後相談して決めていくという。

 これまで福岡市もG20開催に名乗りをあげ、政府が東京都などでの開催も模索していた。その中からライバルに打ち勝った要因について松井知事は「東京はスケジュール的にオリンピックを控えているのと手をあげていなかった。福岡とは政治力というものではなく、霞が関が調査に来ていましたけど、我々大阪は役人の調査ではAランクを頂いていた。福岡ではできないことはないけど、少しランクが低かった。そんな中で、大阪の都市として持つポテンシャルが評価されたと思っています」と話した。

 また、政治力ではなく府市が一体となったことが要因か?との質問には「政治力となれば(福岡では)麻生(太郎)御大には勝てません。総理も経験されて、副総理、財務大臣ですから」と答えていた。

万博誘致に「これはもう、すごく好影響」

 この決定により、2025年の万博大阪誘致にどのような影響を与えるかについては「これはもう、すごく好影響を与えると思います。各国要人を迎える施設や空港の容量、そうしたものが整っている都市でないと開催も難しい。そんな中、日本で始めて開催できると決定したということは、大阪の都市格を伝えられる」と答えた。

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致にどういう影響があるかとの質問には「まったく影響ないでしょう。G20はG20、IRはIR、なんらリンクするものではないと思います」と話していた。

最終更新:10/2(火) 15:55
THE PAGE

あなたにおすすめの記事