ここから本文です

なぜフィギュアスケート午前開催?「仕事でみられない」と嘆きの声相次ぐ

2/21(水) 16:24配信

BuzzFeed Japan

平昌五輪フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が2月21日に行われ、アリーナ・ザギトワ(OAR)がSPの世界最高得点となる82.92で首位。2位には世界選手権2連覇中のエフゲーニャ・メドベージェワ(OAR)、3位にケイトリン・オズモンド(カナダ)。日本の宮原知子は4位で、23日のフリーを迎える。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【写真】結構大人びた? 平昌オリンピックの選手たちを初出場の頃と比べてみた

人気のフィギュアスケートだが、せっかく時差のほぼない韓国での開催にもかからわず、競技のスタートは午前10時。仕事で生中継を見られない人も多く、Twitterでは「フィギュア見たいけど仕事だお……」「フィギュア見れない私の前であーだこーだ話しないでください!!」などフィギュアファンの嘆きが相次いだ。

通常、フィギュア競技は夜に行われるが、今大会では団体、男子ともに異例の午前10時スタート。羽生結弦羽生結弦が2大会連続の金メダルを決めたフリーは土曜日だったが、ショートプログラムは仕事をする時間と被っていたという声も多かった。

異例のスタート時間は、五輪の放送権をもつアメリカのテレビ局の都合によるものだ。アメリカの放送局NBCは、2014年のソチ大会から2032年の夏季大会までの計10大会のアメリカ向け放映権をおよそ120億ドル(約1.29兆円)で獲得。国際オリンピック委員会(IOC)にとって、もっとも大きな収入源となっている。

NBCはこの巨額の放映権料を背景に、アメリカのプライムタイムに人気コンテンツがライブ放送できるよう、競技開始時間を変更した。このためフィギュアスケートだけでなく、アメリカで人気のハーフパイプも午前スタート。一方、欧米で人気のスキージャンプは夜9に開始され、競技終了が日本時間の深夜に及ぶこともあった。

競技時間の変更に、元選手から苦言も

テレビ局の都合に合わせた競技時間の変更が始まったのは、同じ韓国で1988年に開催されたソウル五輪。従来夜に開催していた陸上競技の決勝が午前のスタートに。太陽がギラつく競技場で、カール・ルイスとベン・ジョンソンが対決した100メートルの決勝を覚えている人も多いのではないだろうか。

同じくアジアで開催された1998年の長野五輪では、NBCと同じアメリカのCBSの要請により、開会式が午前11時開催になった。2008年の北京五輪でもマイケル・フェルプスが出場した競泳や体操などアメリカの人気コンテンツは午前スタートになり、欧州から反発の声が上がった。

競技時間の変更は当然、選手にも大きな影響を与える。午前中に体のピークが来るよう、調整が必要となるからだ。

ソチ五輪の男子フィギュアに出場した町田樹は、12日放送のテレビ東京の五輪番組内で「今回はアメリカのプライムタイムの放送に合わせ、競技を早朝から始めるというふうに設定されたと聞いているんですが、元選手の立場から発言させてもらえれば、今回の競技スケジュールは受け入れられるものではないです」と苦言を呈している。

各選手は練習時間を変更するなど、五輪での午前スタートに合わせて調整したが、刻まれたリズムをすぐに変えることは難しく、9日の団体戦では各国の有力選手がミスを連発した。

この競技時間変更の影響を受けたとみられるのが、皮肉にもアメリカの期待を背負ったネイサン・チェン。9日の団体に続き、メダルの期待がかかった個人のショートプログラムでミスを連発し、17位と大きく出遅れた。一夜明けたフリーでは、五輪史上初となる4回転ジャンプを5本成功させる素晴らしい演技を見せたが、結果は5位だった。

当のNBCのオリンピックページには、早い時間のスタートはNBCやアメリカのファンにとって喜ばしいが「フィギュアスケーターにとってはそれほど素晴らしいことではない」と影響の大きさについて書かれた記事が掲載されている。

時間変更は東京五輪でもあり得る。前述の通り、NBCは2020年の東京五輪の放映権もすでに取得しており、北京五輪と同じく、アメリカで人気の競泳や体操などの競技は、午前中開催に変更される可能性がある。

それでなくとも、東京の夏に開催される五輪には酷暑という問題がつきまとう。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の室伏広治スポーツ局長は「アスリートの意見を大会運営全般にわたり反映させ、アスリートファーストの大会の実現を目指す」と掲げているが、真のアスリートファーストは実現できるだろうか。

最終更新:2/22(木) 10:56
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事