ここから本文です

オリンピックの生中継で、男性同士の「歴史的なキス」が放映された。

2018/2/22(木) 17:02配信

BuzzFeed Japan

「僕が子どもの頃は夢にも思わなかった」

ケンワージー選手も競技後、「この瞬間が撮られているとは気付かなかったけど、撮ってくれて本当にうれしい」と自身のTwitterに投稿した。

なぜか。「子ども時代の僕は、オリンピックでゲイの選手がキスをしている姿を見られるなんて夢にも思わなかったけど、今テレビの前にいる子どもたちはそんな選手を見ることができたから」と綴った。

実は、まだカミングアウトしていなかった4年前のソチ五輪でも、同じように恋人にキスをしようとして思いとどまった瞬間があったというケンワージー選手。だからこそ、今回の放送は大きな意味があったと、報道陣の取材に語った。

「(4年前は)怖くてできなかったことだったからこそ、あの瞬間彼にキスできたこと、僕たちのお互いへの愛情が世界中に放送されたことは、本当にすごいことだと思う」

「同性愛への偏見を変え、壁を壊してホモフォビアをなくすためには、僕たちが前に出て、自分たちの姿を見せることが大切だと思う。僕が子どもの頃、そうした選手の姿を見ることができたなら、もっと苦しまずに済んだから」

怪我を押しての出場だった今大会。結果は12位。でも、ケンワージー選手は「メダルよりも大きなものを得ました」と語った。

伊吹早織

2/2ページ

最終更新:2018/2/22(木) 19:22
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事