ここから本文です

県警、商業施設で初のテロ訓練 高岡

2/23(金) 12:34配信

北日本新聞

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、県警は23日、高岡市下伏間江の大型ショッピングモール「イオンモール高岡」でテロ初動対処訓練を行い、有事の際の迅速な対応や関係機関との連携を確認した。ショッピングモールでの実施は初めて。

 県警や高岡署、高岡市消防本部、災害派遣医療チーム(DMAT)をはじめ、「テロ対策ネットワーク富山」のメンバーら約80人が参加した。

 店舗内で化学剤が散布され、多くの来店者が倒れたという想定で実施した。店舗従業員や警備員が通報。防護服を着た警察官らが駆け付け原因物質を調べて撤去した。消防隊員らは負傷者を担架で運んで専用のテントで除染し、DMATが治療の優先度を決めるトリアージを行った。

 前田幹二警備部首席参事官は「東京五輪・パラリンピックに向け、今後とも官民一体となってテロ対策を進めていきたい」と話した。

北日本新聞社

最終更新:3/11(日) 9:41
北日本新聞