ここから本文です

2018年のプロ野球身長ランキング 最長身選手、最低身長選手は…

2/24(土) 9:39配信

Full-Count

長身選手10傑は昨季から大きく変化?

 2018年度版の選手のロースターが出そろった。各社から選手名鑑も発売される。新しい名簿をもとに、選手の様々なデータを見てみよう。まずは身長だ。昨年との比較でみていこう。

【表】2018年プロ野球体重ランキング 最重量選手、最軽量選手は…

 NPBの長身選手10傑。

◯2017年4月時点

1・マーティン(日)・203センチ98キロ
2・廖任磊 (巨)・201センチ125キロ
2・クライン(De)・201センチ116キロ
4・アラウホ(中)・200センチ125キロ
5・メッセンジャー(神)・198センチ121キロ
5・バンデンハーク(ソ)・198センチ105キロ
5・メヒア(西)・198センチ118キロ
8・藤浪晋太郎(神)・197センチ89キロ
9・アドゥワ誠(広)・196センチ83キロ
9・エルドレッド(広)・196センチ122キロ
9・マイコラス(巨)・196センチ100キロ
9・ギャレット(巨)・196センチ107キロ
9・国吉佑樹(De)・196センチ100キロ

◯2018年2月時点

1・廖任磊(巨)201センチ125キロ
1・モヤ(中)201センチ117キロ
1・トンキン(日)201センチ100キロ
4・メッセンジャー(神)198センチ121キロ
4・ヤングマン(巨)198センチ95キロ
4・バンデンハーク(ソ)198センチ105キロ
4・メヒア(西)198センチ118キロ
8・藤浪晋太郎(神)197センチ94キロ
9・アドゥワ誠(広)196センチ83キロ
9・エルドレッド(広)196センチ126キロ
9・国吉佑樹(De)196センチ103キロ
9・ロドリゲス(日)196センチ81キロ

 昨年1位だった日本ハムのマーティンがMLBに復帰し、NPB最長身は巨人の廖任磊になった。そのほか、クライン、アラウホ、マイコラス、ギャレットと外国人選手が退団し、新たにモヤ、トンキン、ヤングマン、ロドリゲスが10傑に加わっている。2メートル近い外国人選手は今では全く珍しくなくなった。

 また日本人選手では昨年に続き、阪神の藤浪晋太郎が1位。

 190センチ以上の選手は2017年4月時点では57人いたが、2018年2月は50人とやや減った。

1/2ページ

最終更新:2/24(土) 10:16
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(月) 8:00