ここから本文です

名古屋の新10番シャビエル、FWジョーとのコンビに自信「連携は取りやすい」

2/24(土) 23:10配信

SOCCER KING

 今季から名古屋グランパスの10番を背負うMFガブリエル・シャビエルが開幕戦で早速、結果を残した。

 名古屋は24日に2018明治安田生命J1リーグ第1節でガンバ大阪と対戦。1点ビハインドで迎えた26分に新加入FWジョーのクロスをシャビエルが左足で流し込み、同点に追いついた。

「ゴールが生まれたことでチームにリズムが生まれた」とシャビエルが振り返った通り、ここから徐々に試合のペースをつかんだ名古屋は後半立ち上がりに逆転に成功。その後、一度は追い付かれたものの、84分にジョーが決勝点を奪い、開幕戦を白星で飾った。

 チームの勝利に貢献したシャビエルは、「後半はどこを修正する必要があるかをつかんで、自分たちの攻めるサッカーを続けることができた。すごく良かったと思う」と試合を振り返ると、新戦力ジョーとのコンビネーションにも自信を見せる。

「ブラジル人同士だし、言葉も分かるから連係は取りやすい。もっと成長していけば、さらにゴールを決めることもできるはずだよ」

 昨季J2の舞台で躍動したシャビエルだが、J1での戦いはこれが初めての経験となる。その初戦を終えた背番号10は、自身の特長を生かしていきたいと意気込みを語った。

「J2は速い、スピード主体のサッカーという印象があったけど、今日の試合で思ったのは、J1はすごくテクニックのあるサッカーだということ。もちろんスピードもあるけど、よりテクニックレベルの高い試合になるのかなと感じたから、テクニックを生かしてやっていきたいね」

 次節、名古屋は3月3日にホームでジュビロ磐田と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:2/24(土) 23:10
SOCCER KING