ここから本文です

フィギュア、五輪逃した選手 それぞれの本音「悔しい、もちろん悔しい、でも…やってやろう」

3/1(木) 7:00配信

withnews

 冬季五輪のフィギュアスケートは、ファンの多い花形競技の一つです。出場選手は男子3枠に対し女子は2枠。当初から熾烈な争いが予想されました。選考会となった全日本で涙をのんだ選手たちは、結果に向き合い、それぞれの道に歩き出しています。(朝日新聞スポーツ部記者・浅野有美)

【画像】五輪逃した…本田真凜、ちょっと大人びた「私服姿」 安藤美姫らとのオフショット

本郷理華「もっと次がよくなるように」

 昨年12月の全日本選手権6位に終わった本郷理華選手(21)=邦和スポーツランド=は1月末、甲府市であった冬季国体成年女子でSP(ショートプログラム)、フリーともに1位に輝きました。

 「新たなスタートとして、いいスタートを切れた。もっと次がよくなるようにしたい」。合計204.29点で3連覇を果たしました。

 全日本のSPでは、主要大会で自身初の70点台を出して3位に。ただその後のフリーではジャンプのミスが重なって、順位を落とし五輪切符をつかめませんでした。

 「全日本のような演技はもうしたくないと思った。練習からしっかりやろうと思って切り替えた。1回1回大切に練習してこられた」。


 冬季国体は大きなミスなく滑り切りました。SPは全日本に続き70点を超え、フリーとの合計も目標の200点台にのせました。
 
 「200点を超えられたのはうれしい。もっといい演技を試合で出せるようにしたい」。国際大会で再び200点を超えることが次の目標です。

樋口新葉「でも前を向くしかない」

 樋口新葉選手(17)=東京・日本橋女学館高=は、2月のチャレンジ・カップに向けて練習を重ねてきました。結果はショート、フリーともに1位で合計203.94で優勝しました。
 全日本4位で平昌五輪を逃した後、ツイッターでこうつぶやきました。

 「悔しい、もちろん悔しい、でも前を向くしかない。まだこれで終わりじゃない。次があるんだ。やってやろう」「大変だ、だけど四年もかけてじっくりじっくり煮込むからきっと美味しくなるね」。

 3月の世界選手権代表に選ばれており、今後の活躍に期待がかかります。

1/2ページ

最終更新:3/1(木) 12:38
withnews