ここから本文です

終了間際のPKを蹴ったのは…“BBCトリオ”そろい踏みのレアルが4発快勝

2/25(日) 2:13配信

ゲキサカ

[2.24 リーガ・エスパニョーラ第25節 R・マドリー4-0アラベス]

 リーガ・エスパニョーラ第25節2日目が24日に開催され、レアル・マドリーがアラベスをホームに迎えた。前半44分にFWクリスティアーノ・ロナウドの得点で先制したレアルが、後半1分にMFガレス・ベイル、同16分にC・ロナウド、同44分にFWカリム・ベンゼマが加点して4-0で快勝した。

 DFセルヒオ・ラモスを出場停止、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、DFマルセロを負傷で欠くレアルだが序盤から主導権を握って試合を進める。前半16分にはベイルから左サイドでボールを受けたC・ロナウドが中央に切れ込んで右足で狙うも、シュートはGKフェルナンド・パチェコの守備範囲に飛んでしまった。

 攻勢を掛けるレアルは前半18分に電光石火のカウンターを発動。アラベスのCKをはね返すと、ボールを奪ったMFマテオ・コバチッチが左サイドに展開し、DFテオ・エルナンデスのラストパスからベンゼマが好機を迎えるが、シュート時に滑ってしまいジャストミートさせることができず。さらに同25分には、左サイドからベンゼマが送ったクロスをベイルが豪快なバイシクルで合わせるが、シュートはゴール左に外れてしまった。

 アラベスにゴールを脅かされる場面を作られながらもGKケイラー・ナバスの好守でしのぐと、同44分にレアルが先制に成功する。右サイドからFWルーカス・バスケスが送ったパスをベンゼマが巧みなヒールで流すと、ボールに反応したC・ロナウドが鋭い反転から強烈な左足シュートを突き刺してスコアを1-0とした。

 1-0とレアルがリードしたまま後半を迎えると、後半開始わずか30秒でレアルが追加点を奪取。センターサークル内でボールを奪ったベンゼマが前線に運んで、左から駆け上がってくるベイルにボールを預けると、PA内に侵入したベイルが左足で流し込んでリードを2点差に広げた。さらに同16分には右サイドのL・バスケスのラストパスに走り込んだC・ロナウドが右足ダイレクトで合わせてネットを揺らし、スコアは3-0となった。

 後半44分にはPA内に走り込んだベイルがDFビクトル・ラガルディアのファウルを誘ってPKを獲得すると、ピッチ上にはハットトリック目前のC・ロナウドがいながらもキッカーを任されたのはベンゼマ。するとベンゼマがこのPKをきっちり沈め、“BBCトリオ”そろい踏みとなったレアルが4-0の完封勝利を収めた。

最終更新:2/25(日) 2:22
ゲキサカ