ここから本文です

ジェフ・ベックのドキュメンタリーの発売を記念した上映会に、来日公演のツアマネを担当する高橋辰雄の登壇が決定

2/26(月) 13:59配信

CDジャーナル

 ジェフ・ベック(Jeff Beck)の初ドキュメンタリー映像作品『スティル・オン・ザ・ラン~ジェフ・ベック・ストーリー』(2DVD + ギター・フィギュア YMBA-10733~4 9,500円 + 税 / 2Blu-ray + ギター・フィギュア YMXA-10735~6 10,000円 + 税)の発売を記念して、発売日3月7日(水)に先駆けて一夜限りの上映会が3月5日(月)に東京・シネマート新宿で開催されます。

 同イベントにはトーク・ゲストとして、1975年のジェフ・ベック来日公演からツアー・マネージャーを担当するウドー音楽事務所代表取締役・高橋辰雄の登壇が決定。ジェフ・ベックの書籍やライナーノーツを手がける音楽ライター・細川真平を聞き手に、ステージ以外でのジェフ・ベックも知る高橋ならではのトークが予定されています。

 『スティル・オン・ザ・ラン~ジェフ・ベック・ストーリー』は、貴重な映像と多くの関係者への独占インタビューからなる決定版的内容。インタビューに応じているのは、所謂“3大ギタリスト”ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトンのほか、ロッド・スチュワート、ロニー・ウッド、デヴィッド・ギルモア、スラッシュ、ヤン・ハマー、ジョー・ぺリー、ベス・ハートなど、ジェフ・ベックの長いキャリアの中で活動を共にし、時代を分かち合い、影響を与えてきた錚々たるミュージシャンたち。その発言を挟みながら、キャリアを追い、内面を掘り下げ、インスピレーションの源や演奏のテクニック、取り巻く環境などを解き明かしています。

最終更新:2/26(月) 13:59
CDジャーナル