ここから本文です

ハネケ最新作「ハッピーエンド」イザベル・ユペールら出演者のコメント映像到着

2/28(水) 12:30配信

映画ナタリー

3月3日に東京・角川シネマ有楽町ほか全国で封切られる、ミヒャエル・ハネケ監督作「ハッピーエンド」。本作に出演した俳優たちのコメント映像がYouTubeにて公開された。

【写真】「ハッピーエンド」よりジャン=ルイ・トランティニャン演じる家長のジョルジュ。(他8枚)

「ハッピーエンド」で描かれるのは、フランス北部の町カレーで裕福な生活を送るロラン一家の物語。ジャン=ルイ・トランティニャンが家長ジョルジュ、イザベル・ユペールがジョルジュの娘アンヌを演じた。

映像にてトランティニャンは、ファンティーヌ・アルドゥアン演じる孫娘エヴを「とてもかわいらしく、かつ危険な存在だ」と説明。エヴが本作のキーパーソンであることをほのめかす。ユペールはロラン一家を「外の世界の現実には目を背けてる」と分析。アンヌの息子ピエールを演じたフランツ・ロゴフスキも「全員が今の人生から逃げたがっている。それがこの映画の主要なテーマとも言える」とロラン一家について触れている。



(c)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH - WEGA FILM - ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK - ARTE - ORF Tous droits reserves

最終更新:2/28(水) 12:30
映画ナタリー