ここから本文です

【MLB】元Gマイコラス、米復帰は「最も重要な選択」 日本での成功を「再現できる」

2/28(水) 11:43配信

Full-Count

元巨人右腕が胸に抱く思い「多くの人が間違っていると、証明したい」

 巨人からカージナルスに移籍したマイルズ・マイコラス投手は、新天地でオープン戦デビューを飾った25日(日本時間26日)のアストロズ戦で2回途中7安打6失点と炎上し、初黒星を喫した。それでも、“逆輸入”選手への期待は大きい。地元紙が特集記事を組んでおり、巨人からカージナルスに移籍するという決断を「野球人生における最も重要な選択だった」と振り返っている。 

【動画】チームメイトも思わず絶叫…”生きたトカゲ”を豪快に食すマイコラス

 カージナルス“デビュー”を飾ったマイコラスは、初回に若手有望株のタッカーに3ランを浴びるなど、いきなり4失点。2回にもスプリンガーに適時二塁打を浴びるなど2点を失い、この回途中でマウンドを降りた。それでも、本人は地元メディアに対して「次の登板までの課題が見つかった」などと前向きに話しており、ここから状態を上げていくことになる。 

 巨人での3年間で通算62試合登板、31勝13敗、防御率2.18の好成績を残し、名門カージナルスと契約した右腕。先発ローテーションの一角として、米球界復帰1年目からのフル稼働が期待されており、地元紙「セントルイス・ポスト・ディパッチ」は「人生の始まりの地に戻り、新たなカージナルとなったマイコラスには追い求めるスターダムがまだ残っている」とのタイトルで特集を組んだ。 

 記事では、マイコラスがカージナルスのキャンプ地であるフロリダ州ジュピター出身であることを紹介。「海外での3年間での奪三振率と成功に感銘を受けた」カージナルスが、カブスなどとの争奪戦を制し、2年総額1550万ドル(約16億5000万円)で契約したことを振り返っている。 

「カージナルスは20年間、スプリング・トレーニングの季節をここジュピターで過ごしている。マイコラスは少年時代にゲームを見に行っていたのだ。そして、彼はホームグラウンドでのメジャーリーグ復帰、という考えにワクワクしていたのだ」 

 キャンプ地がジュピターであるということが、カージナルスを選ぶ理由の1つになったようだ。その上で、マイコラスの「多くの人が間違っていると、証明したいんだ。向こう(日本)で成功を収めてから戻ってきて、あっという間に有益な形でそれを再現できる、とね」というコメントを紹介している。 

1/2ページ

最終更新:2/28(水) 12:43
Full-Count