ここから本文です

次期イタリア代表指揮官はコンテ監督? サッカー連盟が会談を明言

2/28(水) 22:20配信

SOCCER KING

 現在チェルシーの指揮を執っているアントニオ・コンテ監督が次期イタリア代表監督候補に急浮上している。イギリスメディア『BBC』が27日に伝えた。

 イタリア代表はW杯欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会出場を逃した。チームを率いたジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督はすでに解任されているが、依然として後任は決まっていない。イタリアサッカー連盟(FIGC)のサブコミッショナーを務める元ミランのアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、チェルシーのアントニオ・コンテ監督をイタリア代表監督に推している。

「まだ決定はしていないが、コンテがベストな一人だと考えている。数カ月以内に間違いなく彼と会談をするだろう。他の候補と違い、コンテは既に代表監督としての能力を証明しているし、代表チームでの仕事を理解している」

 現在のイタリア代表はルイジ・ディ・ビアージョ監督が暫定監督として就任中。他の新監督の候補にはバイエルン前監督のカルロ・アンチェロッティ氏やゼニト監督のロベルト・マンチーニ氏の名前が挙がっている。

 コンテ監督は2014年ブラジルW杯後から2016年欧州選手権(EURO2016)までイタリア代表を率いた経歴を持ち、EURO2016ではイタリア代表をベスト8まで導いている。その後、チェルシーに就任すると、2016-2017シーズンにはプレミアリーグ優勝を果たした。今季は5位と首位のマンチェスター・Cとは勝ち点差「19」離されているが、コンテ監督は2019年までチェルシーと契約を残している。

SOCCER KING

最終更新:2/28(水) 22:20
SOCCER KING