ここから本文です

コリィ・テイラー、14歳の息子との共演を語る

3/1(木) 14:07配信

BARKS

コリィ・テイラーが、昨年7月米ニュージャージーで開いたストーン・サワーの公演で、当時14歳だった長男Griffin君と共演したときのことについて語った。Griffin君は「Song #3」でリード・ヴォーカリストとしてバンドに加わった。

◆コリィ・テイラー親子 画像

102.9 The Hogラジオ局の番組に出演したコリィは、こう話した。「あれはシュールだったよ、正直言って。俺の頭の中には100万くらいの想いがよぎってた。第一に、彼はすごく自然だった。ああいうことやるのは初めてだっていうのにな。俺ら、ステージの上で一緒に練習したわけじゃない。ただ、バックステージでアコースティックでやってみただけだ。彼は当時14歳だった。14で、アドレナリンに圧倒されることもなく、上手く同調し、サウンドの面でもピッタリだった。その上、ステージを駆け回る度胸もあったし、最後にはオーディエンスとセルフィーまで撮ってるんだから。こんなことが起きるなんて考えもしなかった」

子供だと思っていた彼が、突然、違って見えたことに驚き、また「人生でこんなに誇りに思ったことはない」そうだ。

音楽の才能を発揮したGriffin君だが、現時点で、将来なりたいものはミュージシャンではなくプロのゲーマーだという。

Ako Suzuki

最終更新:3/1(木) 14:07
BARKS