ここから本文です

【10-FEET ライヴレポート】『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018』2018年2月22日 at Zepp Tokyo

3/2(金) 12:02配信

OKMusic

 2月22日(木)にZepp Tokyoにて、10-FEETが『“Fin”TOUR 2017-2018』東京公演を開催。昨年11月にリリースした実に5年振り8枚目となるフルアルバム『Fin』を引っ提げての今ツアーは、同年10月31日の京都・KBSホールを皮切りに、半年以上に渡って行なわれる超ロングツアー! ツアーで鍛え上げたアルバムの新曲たちが既存曲と絶妙に絡み合い、新鮮さや強い説得力を持って響いた東京ワンマンの様子をレポートする。
         
 ニューアルバム『Fin』の1曲目「1size FITS ALL」で始まったこの日。初めて聴いた時からライヴの風景が想像できて、ガツンと体温が上がったこの曲だが、吠声を上げてもみくちゃになるフロアーの風景は想像を超えていた。新曲に過去楽曲を絡めて緩急付けながら、異常なほどの盛り上がりを生んだ序盤戦。“想像をはるかに越えてきたな。どうなるんやろ、今日?”とTAKUMA(Vo&Gu)がニヤリと笑う。

10-FEET、Zepp Tokyo公演のその他の写真

 ツアーで鍛え上げた新曲たちは主戦力として、ライヴ定番曲に劣らない演奏力とクオリティーを見せていたが、驚いたのは過去楽曲と並んだ時の新鮮さや説得力。TAKUMAの伸びやかな歌声で始まった「Fin」は生で聴いた時の印象の違いに驚いたが、その後の「風」と続けて聴いた時、歌や言葉がより深いところで響いてきて、やはりCDも良いけど、ライヴにこそ本当の良さがあるのだなと改めて思わされた。笑いを多分に混じえたMCを挟み、「FUTURE」で始まった後半戦はキラーチューンを惜しげなく披露しながら、「夢の泥舟」「太陽4号」「アンテナラスト」といった現在の10-FEETを象徴する曲をたっぷり気持ちを込めて演奏。「VIBES BY VIBES」からのラストはアンコールで予定されていた曲まで一気に駆け抜け、TAKUMAが有り余る気持ちを言葉で届けて終演を迎えた。一緒に歌って叫んで笑って泣いて、また明日から頑張ろうと前向きになれる10-FEETのライヴ。喜びと悲しみ、激しさと寂しさといった相反する感情も全て詰め込んだ、あまりに人間臭い彼らのワンマンに、ライヴのあるべき姿を観た。

撮影:HayachiN/取材:フジジュン

セットリスト

1.1 size FITS ALL
2.火とリズム
3.SHOES
4.fast edge emotion
5.2%
6.十二支
7.JUNGLES
8.Fin
9.風
10.月
11.FUTURE
12.super stomper
13.back to the sunset
14.4REST
15.夢の泥舟
16.STONE COLD BREAK
17.太陽4号
18.アンテナラスト
19.VIBES BY VIBES
20.goes on
21.蜃気楼
22.1sec.
23.ヒトリセカイ
24.その向こうへ
25.RIVER
26.JUST A FALSE! JUST A HOLE!
27.hammer ska

OKMusic編集部

最終更新:3/16(金) 15:19
OKMusic