ここから本文です

王者・川崎、“神奈川ダービー”ドローで連勝ならず…C大阪は3点奪うも初白星はお預け/J1第2節1日目

3/2(金) 21:24配信

SOCCER KING

 2018明治安田生命J1リーグ第2節の3試合が2日に行われた。

 開幕白星スタートを切った王者・川崎フロンターレは、同じく連勝を目指す湘南ベルマーレをホームに迎えた。前半からゲームの主導権を握った川崎は、後半立ち上がりの56分に先手を取る。左サイドから家長昭博が上げたクロスを、GKの手前に走り込んだ小林悠がヘディングで叩き込んだ。

“神奈川ダービー”の歴史

 だが66分、湘南は左CKにアンドレ・バイアが頭で合わせると、このボールをゴール前でコントロールした松田天馬が右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。

 その後は川崎が押し込む時間が続いたが勝ち越しには至らず、2年ぶりの“神奈川ダービー”は引き分けに終わり、互いに連勝を逃す結果となった。次節、川崎は10日にガンバ大阪と、湘南は11日に名古屋グランパスと、それぞれホームで対戦する。

 今季初勝利を狙うセレッソ大阪はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦した。27分、左からのクロスをペナルティエリア内でコントロールした杉本健勇が巧みなキープから右足のシュートをゴール左下に流し込んで、C大阪が先制に成功する。さらに43分、ドリブルでエリア内左に侵入した柿谷曜一朗がヒールで落としたボールを高木俊幸がゴール左に突き刺し、前半のうちにリードを広げた。

 後半に入ると札幌が反撃に出る。62分に右サイドからのクロスをチャナティップがヘディングで流し込んで1点を返すと、69分には同じく右からのクロスを今度は深井一希が頭で合わせて2点差を追い付いた。

 C大阪は直後の72分、カウンターから柿谷が2試合連続となるゴールを決めて勝ち越しに成功。だが、札幌は79分に進藤亮佑が右CKに頭で合わせ、またもスコアをタイに戻す。結局このままタイムアップを迎え、3-3のドローに終わった。次節、C大阪は10日にアウェイで柏レイソルと、札幌は同日にホームで清水エスパルスと対戦する。

 開幕黒星スタートとなった柏レイソルはホームで横浜F・マリノスと対戦。スコアレスで迎えた後半立ち上がりの49分に小泉慶のゴールで先制すると、75分にはオウンゴールでリードを広げる。

 終盤は横浜FMがゴールに迫ったが、柏がこのまま2-0で逃げ切って今季初白星を獲得。横浜FMは2戦未勝利となった。次節、柏は10日にC大阪と、横浜FMは同日にサガン鳥栖と、それぞれホームで対戦する。

■J1第2節
▼2日
川崎フロンターレ 1-1 湘南ベルマーレ
セレッソ大阪 3-3 北海道コンサドーレ札幌
柏レイソル 2-0 横浜F・マリノス

▼3日
名古屋グランパス vs ジュビロ磐田
FC東京 vs ベガルタ仙台
鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪
ヴィッセル神戸 vs 清水エスパルス
V・ファーレン長崎 vs サガン鳥栖

▼4日
浦和レッズ vs サンフレッチェ広島

SOCCER KING

最終更新:3/2(金) 21:24
SOCCER KING