ここから本文です

“切り札”効果あり スーパーモンスターウルフ実用化へ イノシシの食害減少で

3/3(土) 11:17配信

千葉日報オンライン

 “切り札”に効果あり-。イノシシなどの有害鳥獣による農作物被害を食い止めるため実証実験を行っていたオオカミ型ロボット「スーパーモンスターウルフ」について、木更津市農協(梅沢千加夫組合長)は水田とクリ畑でイノシシの食害が減ったとして、装置の実用化を決めた。4月からリースの取り扱いを始める。

 野生動物の天敵とされるオオカミを模した同装置(長さ65センチ、高さ50センチ)は、赤外線センサーで動物を感知すると、目から赤色のLEDライトを放ち、大音響の威嚇音(最大90デシベル)を鳴らす。動物を追い払う忌避装置の開発を手がける「太田精器」(北海道奈井江町)が開発した。

 同農協によると、木更津市内での実証実験は、イノシシの食害に悩む同市矢那の水田で7月から2カ月間、クリ畑で9月から1カ月間、実施した。水田では、装置を置いた反対側で多少の被害があったが、いずれも食害は減少。クリ畑の園主は「(イノシシに)食べられたものはほとんどなく、収穫が楽だった」などと話していたという。

 同農協などは2月26日、行政や農機会社の担当者を集めて装置の説明会を開催。同社は、全国計9カ所で装置の実験をしており、いずれも効果があったと説明した。4月からは、同農協を窓口として装置をリースし、農協としても10台を導入して農家に貸し出すという。

 同農協の梅沢千加夫組合長は「装置を置くと周囲1キロぐらいには効果がある。1町歩(約1ヘクタール)に1台は必要との結論に至った。おりや電気柵なども絡めて総合的に対策をする必要がある」と話した。

 価格は概算で、センサーなどの付属品や設置費を含め1台51万4740円。リース期間は原則4~7年で、4年だと月額1万2100円(いずれも税別)。

あわせて読みたい