ここから本文です

あなたはどうしてる? 長時間立って仕事をしていると、健康と生産性に悪影響が

3/3(土) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

1日中座りっぱなしでいるのが良くないことは、誰もが知っていることだろう。

だが、オーストラリアにあるカーティン大学の最新研究によると、オフィスで仕事をする人にとって、スタンディングデスクを使うのは、必ずしも良い代替案とは言えないようだ。

あなたはどうしてる? 長時間立って仕事をしていると、健康と生産性に悪影響が【他の写真を見る】

2017年に行われたこの調査は、「長時間立ったままでいると、健康と生産性に悪い影響を及ぼすようだ」と結論付けている。スタンディングデスクで2時間パソコン作業をすると、被験者は「不快感」や「筋肉疲労」「下肢の張り」を訴えた。

身体的な問題だけではない。

被験者の反応と精神状態も「悪化した」という。ただし、クリエイティブな問題解決には、スタンディングデスクがプラスに働くとしている。

だが、この研究には20人の成人被験者しか参加しておらず、スタンディングデスクの賛否を結論付けるものではない。

それでも、同様の結果はこれまでにも報告されている。スタンディングデスクを使用した自身の経験を書いたBusiness InsiderのShana Lebowitz記者も、その1人だ。Lebowitz記者は、スタンディングデスクを使うことで、生産性が向上し、姿勢も改善できるのではないかと考えたが、実際には身体的な不快感を得たのみだったという。

だからといって、長時間座り続けていることに問題がないわけではない。実際、最悪の習慣だ。Business Insiderのサイエンス・チームも、こうした習慣が血圧とコレステロール値を上げ、がんや心臓疾患による早すぎる死をもたらす可能性があると報じている。

解決法? Business InsiderのErin Brodwin記者は、頻繁かつ定期的なウォーキングを伴う休憩を取ることだと報じている。アメリカ腎臓学会の臨床医向けの雑誌『Clinical Journal of the American Society of Nephrology』に掲載された2015年の研究によると、1時間ごとに2分間歩き回る人は、そうでない人に比べ、早期死亡のリスクは33%低い。

もしくは、バイクデスクを取り入れてみるのもいいだろう。

[原文:Everyone knows sitting all day at the office is bad for you ー but standing might not be much better]

(翻訳/編集:山口佳美)