ここから本文です

イ・ミニョンが開幕戦を制す 諸見里しのぶ3位

3/4(日) 14:38配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 最終日(4日)◇琉球GC(沖縄県)◇6558yd(パー72)

「ダイキンレディス」フォトギャラリー

5位から出たイ・ミニョン(韓国)が6バーディ、ノーボギーの「66」として3打差を逆転。後続に2打差をつける通算11アンダーで2018年シーズンの開幕戦を制した。17年7月「ニッポンハムレディス」以来となるツアー通算3勝目。

昨季の賞金ランキング2位が、新シーズンを最高の結果で滑り出した。オフには米国で5週間の合宿を組み、100yd以内のショットに注力。昨季はやや低調だったパット(平均パット数45位)にも力を入れた。合宿に同行した男子プロのS.K.ホ(韓国)から左肩を開く意識でアドレスを取る指導を受け、「ボールのローリング(転がり)が良くなった」という。

早くも賞金女王への期待が高まる初戦となったが、「幼いころから成績の目標を立てたことがない」と、タイトルや年間勝利数への関心は薄い。明確に描いている目標は、ただひとつ。「メジャーで優勝したい。どんな大会でもいいのでメジャーで勝てればいい」。開幕戦の優勝を、ビッグタイトルへの布石とする。

通算9アンダーの2位に「67」と伸ばして7位から浮上したユン・チェヨン(韓国)。

2打差を追ってスタートした諸見里しのぶは3バーディ、2ボギーの「71」にとどまり、通算7アンダーの3位。12年8月「meijiカップ」(2位タイ)以来となるトップ3フィニッシュとしたが、地元で迎えたホステス大会で9季ぶりの優勝はならなかった。同順位には、畑岡奈紗、濱田茉優、鈴木愛、李知姫(韓国)、申ジエ(韓国)の6人が並んだ。

前年優勝のアン・ソンジュ、勝みなみ、横峯さくらは通算イーブンパーの29位で開幕戦を終えた。

【上位の成績】
優勝/-11/イ・ミニョン
2/-9/ユン・チェヨン
4T/-7/諸見里しのぶ、畑岡奈紗、濱田茉優、申ジエ、鈴木愛、李知姫
9T/-6/藤田さいき、キム・ヘリム、菊地絵理香