ここから本文です

小泉元首相が会見(全文3完)「原発必要と訴え当選」は将来少数派に

3/7(水) 20:28配信 有料

THE PAGE

小泉元首相が会見(全文3完)「原発必要と訴え当選」は将来少数派に

[写真]外国特派員協会での会見で「原発ゼロは実現する」と訴えた小泉元首相(つのだよしお/アフロ)

 「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」の顧問を務める小泉純一郎元首相が7日午後、東京の外国人特派員協会で会見した。質問形式で進められた会見で小泉氏は、徐々にヒートアップし、身振りも交えて「『原発ゼロ』は将来必ず実現する」と訴えた。会見には原自連の吉原毅会長と河合弘之幹事長も同席した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】小泉元首相らが『原発ゼロ』で記者会見」に対応しております。

     ◇     ◇

男性:ちょっといいですか。どうぞ。

記者4:(英語)

小泉:これは、推進論者の皆さんは、経産省も資源エネルギー庁も原子力科学者も、みんな優秀な方ですよ。学校の成績も優秀だし、人柄がいい人が多いですよ。この優秀な能力のある人が、どうしてこの現実を直視しないで、うそを言い続けて原発を推進しているか。これは本当に私は分からない。これでも、もう原発をやめろという、われわれが言っていること、聞いていても「馬耳東風」なんだね。馬耳東風っていうのは、なかなか英語でどう訳すか分からない。こっちに出てすぐ消えちゃう、聞いてるんだけど全然無視しちゃってる、軽視しちゃってるね。

 しかしあの原発事故直後、民主党政権でしたけど、 本文:7,379文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込10
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:3/12(月) 5:58
THE PAGE