ここから本文です

【インタビュー】三浦大知の音楽人生「歌とダンスは両思いであるのがベスト」

3/7(水) 0:01配信

トレンドニュース(GYAO)

昨年はデビュー20周年の節目に『紅白歌合戦』初出場。「無音シンクロダンス」が大きな話題となり、圧倒的な歌唱力とダンスパフォーマンスをみせつけた三浦大知。「歌とダンスは両思いであるのがベスト」と語る三浦のチャレンジ精神とひらめきは、すべての楽曲にフルに発揮されている。

【一挙配信中】三浦大知、これまでのミュージックビデオ>>

ソロデビューシングル「Keep It Goin’ On」から最新シングル「U」までの全シングル24曲を網羅し、DREAMS COME TRUEからの提供曲「普通の今夜のことを - let tonight be forever remembered ―」、さらに新曲「DIVE!」も収録した初のベストアルバム『BEST』は、歌って踊る三浦大知のヒストリーと地続きにある。

■面白いと思ったことをやり続けてきた音楽人生

── 初のベストアルバム『BEST』はしなやかでソウルフルで色気のあるヴォーカル、そして辛い時こそ光を見いだせるというメッセージなど、自由でオリジナルなスタイルが印象に残りました。歴代のシングルを振り返って、自身の変化と変わらないと思うところは?

三浦大知(以下三浦): もちろん若い頃の声と今の声と比べたら鳴り方が違うとは思いますが、デビュー当時から今まで、自分が面白いと思ったことをスタッフチームと創意工夫しながら変わらずやらせてもらっているなと改めて感じました。すごく恵まれた音楽人生だと思っています。

── 声や歌は月日を経て変化しても姿勢は変わらないということですね。三浦さんの歌とダンスは驚くぐらいに一体化していますね。

三浦: 僕がダンススクールに通い始めたのは6才の頃ですが、先生が歌とダンスを分けないで教える方針だったんです。普通は分けてレッスンすると思うんですけど、歌うときには必ず体を動かすし、ダンスするときにはその曲とメッセージを理解して踊るんです。当時から歌とダンスをセットで考えていたから自然と身についたんですよね。

── なるほど。歴代のミュージックビデオでもさまざまなチャレンジをされていますよね。「The Answer(2010年)」では逆再生歌唱が話題になったり、ライブリハーサル映像で注目されたシンクロダンスや無音シンクロダンスなど面白いことをいつも提示したいと思っているからこそですか?

三浦: そうです、そうです。「The Answer」は恋愛の炎が消えかかっている中、男性が自分の答えを見つけて女性をもう1度引き止めにいく楽曲なので、過去をさかのぼっていくストーリーがいいんじゃないかという話から、逆再生を思いつきました。ミュージックビデオは「こういうことやったら面白いんじゃないか」、「こんなことはまだやってないよね」ってみんなと楽しみながら作っています。ライブでは基本、自分が演出や振り付けを考えてダンサーやバンドのメンバー、スタッフと考えていきます。

──では、アカペラシンクロダンスなどはゼロから考えたものですか?

三浦: みんなと話をする中でライブの演出の1つとして思いつきました。

──キャリアの中で特に印象深く、ターニングポイントになったミュージックビデオをピックアップするとしたら?

三浦: あえて選ぶとしたら、初めて自分がフルで振り付けを担当させてもらった「Inside Your Head」(2008年)です。ここからより深く制作に関わるようになったし、ダンスに特化したコレオビデオを作り始めたのもこの曲からです。

1/3ページ