ここから本文です

ムロツヨシ、人生相談にドヤ顔回答 「挫折するくらいだったら、その程度」

3/7(水) 20:55配信

クランクイン!

 ムロツヨシ、芳根京子、乙葉、石田明(NON STYLE)が、7日に都内で開催された映画『ボス・ベイビー』のブルーカーペット&ジャパンプレミアに登場した。

【写真】『ボス・ベイビー』ブルーカーペット&ジャパンプレミアフォトギャラリー


 両親の愛を一身に受けてきた少年・ティム(芳根)と、彼のもとに突然現れた「見た目は赤ちゃん・中身はおっさん」なボス・ベイビー(ムロ)が織りなすドラマを描く本作。当日は物語に絡めて、小さな女の子のMCが登場。見どころを聞かれたムロは「おっさんなのに、やっぱり赤ちゃんというところが可愛いかなと思うので、皆さんに見ていただきたいなと、ムロさんは思っています!」とニッコリ。ただ、小さなMCはよそ見をしていたようで、ムロは「聞いていなかった!」と笑いながら突っ込み、会場を沸かせた。

 イベントでは、観客からの悩み相談に登壇者が応える一幕も。目標に向かううえで挫折しそうになった時、どう乗り越えればいいかと聞かれたムロは「挫折するくらいだったら、その程度の覚悟だったのかな?ってことだよね」とドヤ顔で回答。続けて「どんなに叱られても、どんなに反対されても、どんなに大失敗してもやりたいことが、たぶん夢だと思うんですよ。だから挫折してでもやるやり方を見つけるのがいいのかなと、42歳のおじさん、そう思いました」と力説していた。

 一方の芳根は「挫折しても、その先の達成感とか、そういうものを知ると、やっぱりやれる」とコメント。また「応援してくれる家族とか、友達とか、もちろんファンの皆さんとか、そういう方への恩返しというか、感謝してやると、私一人じゃないなって。一人じゃないって思えると、頑張れる」としたうえで、「一緒に頑張れる仲間がいたりとかっていうのがあると、もしかしたら強くなれるのかなって思いました」と自身の考えを明かしていた。

 映画『ボス・ベイビー』は3月21日全国公開。

最終更新:3/7(水) 21:20
クランクイン!