ここから本文です

<動画>濱田祐太郎 弱視のR-1王者に単独インタビュー 共演したい“セクシー声”の持ち主は鈴木奈々と…

3/8(木) 19:51配信

まんたんウェブ

MANTAN

 ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2018」の決勝戦が3月6日、東京都内で開催され、漫談家の濱田祐太郎さんが16代目の王者に輝いた。「まだ実感が湧きません」という濱田さんに、まんたんウェブは個別取材を敢行。優勝の喜びから気になるネタ作り、はたまた会見で口にした、「共演したい声が可愛い女性タレント」について聞いた。

【動画】濱田祐太郎、ゆりやんと同期も「別格の存在」

 濱田さんは、1989年9月8日生まれ。兵庫県出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属で芸歴は5年目。これまでの最高は2012年の準決勝。左目は見えず、右目は明るさを感じられる程度という全盲に近い弱視の漫談家だ。

 ◇

 ――優勝して、改めて今の気持ちは? 自信はありましたか。

 まだ、信じられない気持ちですね。本当に自分が優勝したのかな、という……。全く実感が湧いていないです。とにかく楽しもうと思っていたので、優勝に向けて、自信があるかどうか、全く考えていなかったです。ああ、滑らなくてよかったという気持ちはあります。

 ――賞金の使い道は「貯金」と答えていましたが、今欲しいものはありますか。

 お笑いのDVDが欲しいですね。まだまだ勉強できることはいっぱいあると思うので、お笑いのDVDが欲しいです。

 ――優勝して、感謝している人はいますか。

 優勝に関していうと、2012年のときにアマチュアで(R-1ぐらんぷりの)準決勝までいった自分を、ずっと目標にしてきたので、その自分を超えるまではやめられんという気持ちでやってきた。そういう意味では、2012年のあの時の自分に感謝しています。

 ――優勝を一番に伝えたい人は。

 特にいないですけれど(笑い)、ベタですけれど、親にしておきます!

 ――ネタはどのように作っているんですか。

 基本的には実際にあったことをしゃべることが多いんで、そこからどう話を広げるのかが、僕の場合はメインになってきます。なので、実際に体験したことを、頭の中で整理するようにはしています。

 ――会見で、「声が可愛い女性タレントと共演したい」と言っていましたが、濱田さんにとって「可愛い声」とは、どんな声ですか。

 そうか、説明するのが結構難しいですね……。ひと言で言えば、セクシーな声です。(具体的には)声でいうと、僕は結婚してからの鈴木奈々さんの声がすごく好きです。もう一人は、離婚した後の小倉優子さんの声がすごく好きです。鈴木さんは結婚してから、小倉さんは離婚してから、声がセクシーになられたので、そこからすごく好きになりました(笑い)。

最終更新:3/8(木) 19:51
まんたんウェブ