ここから本文です

「青春18きっぷ」1日でどこまで行けるか 東京から西へ19時間、北へ18時間…

3/8(木) 6:20配信

乗りものニュース

1日で到達できる最長距離は、九州のあの駅!

 JR全線の普通列車(普通車自由席。快速列車を含む)などが自由に乗り降りできる「青春18きっぷ」の価格は1万1850円です。1枚につき1日ひとり有効のスタンプを押す箇所があり、1人で使用する場合、1日あたりに換算すると2370円になります。

【地図】「青春18きっぷ」1日分で東京から行ける範囲

 では、東京駅から列車を乗り継ぎ、1日でどこまで行けるのでしょうか。最も遠い場所は、九州の駅です。なお、ダイヤは2018年3月1日(木)現在における平日のもので、特記以外は普通列車です。

●東京から1日でいける最長距離ルート
東京4時55分発→品川5時04分着/5時10分発→小田原6時21分着/6時22分発→熱海6時45分着/6時49分発→浜松9時19分着/9時23分発→豊橋9時56分着/10時03分発→(快速)→大垣11時31分着/11時42分発→米原12時17分着/12時20分発→(新快速)→姫路14時47分着/15時03分発→相生15時22分着/15時25分発→糸崎18時04分着/18時29分発→徳山21時57分着/21時59分発→下関23時50分着/23時51分発→小倉0時04分着

 乗り継ぎ回数12回、距離にしておよそ1129kmを移動し、東京駅から福岡県北九州市の小倉駅まで到達できます。小倉駅到着時、翌日になっていますが、「青春18きっぷ」の「1日分」は乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効なため(東京・大阪の電車特定区間は終電車まで)、この行程の場合は同駅まで「1日分」で到達が可能です。

 ちなみに新幹線ならば、東京駅6時00分発の「のぞみ1号」に乗ると、小倉駅へ10時36分に到着。料金は2万2310円(通常期の普通車指定席)です。

東北方面は?

 東京から東北方面へはどうでしょうか。

●東京から1日でいける東北方面の最長距離ルート
東京4時45分発→上野4時53分着/5時10分発→宇都宮6時51分着/6時59分発→黒磯7時49分着/7時54分発→新白河8時18分着/8時21分発→郡山9時03分着/9時25分発→福島10時11分着/10時40分発→(仙台シティラビット)→仙台11時56分着/12時11分発→羽前千歳13時26分着/13時39分発→新庄14時42分着/15時38分発→秋田18時11分着/19時00分発→大館20時46分着/21時20分発→青森22時50分着

 乗り継ぎ回数11回、距離にしておよそ802kmを移動し、東京駅から青森駅まで到達できます。全体の距離は若干短くなりますが、東京から高崎線、上越線、信越本線、羽越本線を経由し秋田駅まで日本海沿岸を北上するルートでも可能です。

 ちなみに新幹線ならば、東京駅6時32分発の「はやぶさ1号」に乗ると、新青森駅へ9時49分に到着、そこから普通列車に乗り換え10時04分に青森駅へ到着します。料金は1万7350円(「はやぶさ」は通常期の普通車指定席)です。

1/2ページ

Yahoo!ニュース特設ページ