ここから本文です

ヴェンゲル監督の後継者は現ドイツ代表指揮官? アーセナルと接触か

3/8(木) 14:30配信

SOCCER KING

 ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督がアーセナルと接触した模様だ。7日にアメリカメディア『ESPN』が報道している。

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は今シーズンの成績不振や、現在公式戦4連敗中ということもあり、ファンやクラブOBから辞任を迫られている。同メディアによれば今シーズン限りでチームを去る可能性が高いという。

 その後継者として最も相応しいとされているのがドイツ代表を2014年のワールドカップ優勝へと導いたレーブ監督である。報道では、同監督が2018 FIFAワールドカップロシア後に代表監督を辞任し、アーセナルの指揮官になるのではないかと伝えられている。

 なお、ヴェンゲル監督はヨーロッパリーグ(EL)の成績次第ではシーズン中に解任される可能性もあるとのこと。同メディアは9日に行われるミランとのEL決勝トーナメント2回戦ファーストレグが、ヴェンゲル監督の将来を大きく左右する試合でもあると述べた。

SOCCER KING

最終更新:3/8(木) 14:30
SOCCER KING