ここから本文です

<浜辺美波>魅力は「圧倒的なヒロイン感」 引く手あまたの理由…

3/10(土) 10:00配信

まんたんウェブ

 放送中の深夜ドラマ「賭ケグルイ」(MBS・TBSほか)での演技が話題を集めている浜辺美波さん。昨年は主演を務めた「咲-Saki」「君の膵臓(すいぞう)をたべたい(キミスイ)」を含む3本の映画に出演し、「第41回日本アカデミー賞」をはじめとする数々の映画賞で新人賞に選ばれるなど、最も注目されている若手女優の一人と言える。4月以降も連続ドラマ「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系)やNHKの語学番組、映画「となりの怪物くん」(4月27日公開)「センセイ君主」(18年公開予定)への出演が続く浜辺さんの魅力と、引く手あまたの理由とは……。

【写真特集】異次元の美少女ぶり? 浜辺美波の笑顔が可愛すぎる! 別カットも一挙公開…

 ◇「賭ケグルイ」監督も驚いたヒロイン感 スイッチ入れば即女優

 現在17歳の浜辺さんの大きな魅力は、見る者を画面に引きつけてやまない、年齢に不釣り合いなほどの「圧倒的なヒロイン感」だ。その部分が顕著な形で表れたのが「賭ケグルイ」での蛇喰(じゃばみ)夢子役。女子高生の可愛らしい面を見せたかと思えば、ギャンブルに興奮した時はまさに「賭け狂う」表情を見せ、卑劣な手を使う敵には冷酷に振る舞う……と浜辺さんの美少女ぶりと相まって、まさにハマり役となっている。

 一歩間違えればコントに陥ってしまいそうな場面でも、ブレないなり切りぶりでドラマとして成立させてしまう。ドラマでメガホンをとった英勉(はなぶさ・つとむ)監督も、浜辺さんの圧倒的な可愛さと主役っぽさ=ヒロイン感には「驚いた」と明かしている。

 英監督は、浜辺さんの演技について「急にトップスピードになる。そこは女優さんとして魅力的」といい、「カメラが回っていない普通の時と、女優魂のスイッチが入る時の切り替えの差があるというか、ギャップがあって、そこはすごく面白い」とうれしそうに話している。

◇役にためらい無し? 幅広いキャラクター自分のものに

 なり切りぶりを可能にする「女優スイッチ」。確かに浜辺さんを見ていると、役に対してのためらいが一切無いように思える。だからこそ「キミスイ」で演じた桜良のような、重い膵臓病を患いながら明るく振る舞い、それでいていつ命が消えてもおかしくない、危うげではかないヒロインから、「賭ケグルイ」の夢子まで、幅広いキャラクターを自分のものにできているのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:3/10(土) 10:00
まんたんウェブ