ここから本文です

Jリーグがeスポーツに参入発表、優勝者はFIFA公式大会予選に出場

3/9(金) 14:29配信

SOCCER KING

 9日、Jリーグは初の試みとなるeスポーツの大会「明治安田生命 eJ.LEAGUE」の開催を発表した。Jリーグ同様、タイトルパートナーは明治安田生命が務める。eスポーツはエレクトロニック・スポーツの略で、対戦型のゲームを「スポーツ」として欧米を中心に普及している。

 今大会で使用されるゲームは、Jリーグのクラブが登録されている「EA SPORTS FIFA 18」(PS4)のFUTモードを使用。予選ラウンドと決勝ラウンドが行われ、優勝者にはFIFA(国際サッカー連盟)が主催する公式eスポーツ大会「FIFA eWorld Cup 2018」の世界予選への参加権が与えられる。

 予選ラウンドは、3月30日から4月8日までオンライン上で実施。応募者はグループに分かれトーナメント戦を行い、予選ラウンド通過者に決勝ラウンドの出場権が与えられる。決勝ラウンドは5月4日に日本サッカーミュージアム内で行われ、予選ラウンドを通過した選手に、J1クラブ推薦選手を加えた選手でタイトルを争う。応募はJリーグ公式サイトで10日から募集を開始。参加費は無料で、FUTオンラインシーズンでディビジョン3以上に所属していることが参加資格となる。

 Jリーグ主催による初のeスポーツ大会への注目度を物語るように、発表記者会見には60人以上の報道関係者が集った。

SOCCER KING

最終更新:3/9(金) 16:51
SOCCER KING